【トークショーレポート4/7(金) 金平茂紀さん】

  • 2017.04.10 Monday
  • 21:12

昨日のトークゲストは、ジャーナリストでもあり、『報道特集』のニュースキャスターでもある金平茂紀さんでした。

 

「この映画は、学び舎にいるお年寄りたちがこれまでの人生で背負ってきたものを表している戦中戦後史であり、普遍的な人間の尊厳を感じた。テレビやラジオ、新聞はこういうものをちゃんと伝えなければならない。出していけば伝わるものだと思うし、伝えなければならないものだと思う」と、ジャーナリストの観点から熱いメッセージをいただきました。

また、最近の森友学園問題や、道徳の授業が教科化されたニュースを交え、現在の日本の教育や道徳についても思いのたけを語っていただきました。

 

続けて、太田監督より、
「映画に出てきた宮城さんは、子供の頃は農作業をせねばならず勉強する時間もあまりなく、惨めな生活だった、と嘆いていた。でも学校の授業で、アフリカで飢餓等で亡くなる子供たちの現実を知り、自分よりもっと大変な人がいる事を知った」
学校とは、これから生きていく上で自分の人生を相対化出来る力がある、学校とは本来こういう場所ではないだろうか?と自身も制作をしながら学ばせてもらった、と語りました。

 

この映画には、年上の者が年下の者に教える、という我々のよく知る図式は成立しません。
金平さんはこの事にも触れられ、「年上の者が年下の者に教えるという、ある意味、権力・権威関係だが、この映画に出てくる学校ではそうなっていない。教える方は教えられる方よりも年下だから。ここでは、先生と生徒が一緒に答えを見つけていく、という関係が出来ている。これこそ、学校という場の原点だと思う」

 

「学校とは?教育とは?」に話が集中した二人の熱いトークショー。まだまだ聞き入っていたいところでした。
映画を観終えたお客様の一人一人が、うなづきながら熱心に聞いていた姿がとても印象的でした。

お越しいただいた皆様、どうもありがとうございました!


また、突然のゲスト決定にも関わらずご協力いただいた劇場スタッフの皆様、本当にありがとうございました!

 

▽映画『まなぶ』は新宿K's cinemaにて4/14(金)まで連日10:30より上映中です。ぜひ劇場に足をお運びください。
http://www.film-manabu.com/

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM